ブログトップ

百合日記

島のお花(クルクマ、シャムの舞姫)を添えて

夏の産直ユリも大分終盤になってきました。

7月下旬~8月上旬にかけてカサブランカ、LAユリが未だ少しあるのですが
数が大分少なくなってきているので、島のお花も添えてお出ししています。
(島内でお花を作っている花農家の皆様にご協力頂いています)

カサブランカにクルクマシャロームを添えた花束
e0097770_05339.jpg
e0097770_055223.jpg

クルクマシャロームは原産国はタイやカンボジアとの事
ヨーロッパでは「シャム・チューリップ」と呼ばれ人気があるようです。
ピンクの花のように見えるのは葉が変形した苞葉との事で
その間から小さな紫の花が見えています。

こちらはLAユリにクルクマとグロッパを添えてみました。
どちらもショウガ科のお花の様ですが、涼しい感じの花束になります
e0097770_061226.jpg
e0097770_06217.jpg


グロッパ・ウィニティは別名、「シャムの舞姫」と言う素敵な名前
原産国はタイです。
あっ! もっと近くで撮れば良かったですね
e0097770_062981.jpg


以前の記事ですが島内でクルクマを作っている 多花園さんのハウス様子 です。

こちらは今回初めて作った淡いオレンジ色のLAユリ、
え~と名前は後で載せますね・・・
e0097770_064793.jpg
e0097770_065868.jpg



夏の産直ユリ、6月から続いていましたが8月上旬で一旦途切れます。
その後又ハウスを片付けて、秋用のユリの植え付け準備もそろそろ始まります。
次回は10月ごろからになりますので宜しくお願いします。
by shimanohikari | 2009-07-31 00:19 | ユリ | Comments(0)