「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

百合日記

島トウガラシ実っています (産直もしています)

夏の日差しを受けて、島トウガラシが今年も元気に実っています。
爽やかな風味と激辛の辛味が、夏のお料理にピッタリです。
島トウガラシを使ったお料理で、島の味を是非味わって頂きたく
今年も当園では数は多くありませんが島トウガラシの産直をしています。
HPの更新が出来ていないのですが昨年と同様になります。 こちら を参考にしてみて下さい

e0097770_23165081.jpg

e0097770_233544.jpg


以下は以前の写真ですが、参考までに載せてみました。
e0097770_2355885.jpg
e0097770_237059.jpg
e0097770_2312640.jpg


島トウのご利用方法の一部をご紹介します
島ではお刺身の漬け醤油に、潰して使うのが一般的です。
わさびで食べるのが普通ですが、島トウで食べるお刺身是非お試し頂きたいです♪
島寿司、べっこう寿司を作る時にも欠かせないアクセントになります。
e0097770_23122387.jpg

島トウは麺類とも相性が良く、島のお蕎麦屋さんでは薬味として刻んだ島トウが置いてあります。
家庭でもそうめんや冷麦のつゆに潰して入れても良いですし、温かい麺にも良く合います。
スパゲティを作る時にも、1-2本入れるだけでグッと美味しくなります。
e0097770_2343794.jpg

寒い時期には鍋物のたれに加えても良いですね。

お醤油、オリーブオイル、酢などに漬けて、オリジナルの美味しい調味料をお作り下さい。
(島トウガラシを密閉して冷凍すれば1年ぐらい風味が保てます)
以前の記事も参考にしてみてください→ こちら 

自家製島トウ醤油の作り方をご紹介します (以前の記事から)

材料
ショウガ、ニンニクのすりおろした物 適宜
醤油 100~200cc(1週間位で使い切る量)
味噌 大匙1杯
島トウ 3本くらいを刻んだ物
以上の材料を混ぜるだけです。
島トウ 5本ぐらいに切り込みを入れて、
そのままできたタレに入れておく。
(材料はお好みにより量を調節してください)
長期保存の場合は加熱したほうが良いと思います。

島トウの種も入れてしまうので、結構辛いです。
激辛が苦手な人は種を取って入れて下さい。

刺身醤油や焼肉のタレとして
オリーブオイル、ごま油、酢等を加えてお好みのドレッシングにもどうぞ。

↑の様なのは面倒!でしたら
醤油に島トウだけでも結構いけると思います。


島トウガラシは1袋200g入り 2000円 (別途送料500円)になります。
ゆうパック、暑い日にはクール便でお送りしています。
200gで約200個ありますので、冷凍保存すれば1年中色々なお料理や調味料に
使って頂けると思います。
今年の夏、島も暑い日が続き辛さは十分ありますので、是非ご利用下さい。


お問い合わせ、ご注文は下記へお願いします。

西野園芸(八丈島) 
Tel 04996-2-5672
Fax 04996-2-5673
Mail nishino@nishino-farm.com




4月頃の様子
e0097770_231562.jpg

5月頃から花を付けます
e0097770_2324010.jpg

e0097770_233236.jpg

Commented by mikeblog at 2010-08-16 23:54
島とうがらしがよく育ってまるで大木のような感じですね。この辛いとうがらしの使い道は、こういうのもありなんですね。うちでは今年はうまく育たなかったので去年の残りを使っていますが相変わらず辛いです。クシャミも出ますね。
Commented by shimanohikari at 2010-08-17 00:10
>mikeさん
こんばんは、島トウガラシは今年で3年目の木になりました。
最初の種から思うと凄い成長ぶりです。
毎年剪定するとかなり長くなり続けるようです。
普通のトウガラシよりかなり激辛で、
島のラーメン屋さんでは激辛の麺があり人気があるようですし、
お蕎麦屋さんでも薬味に使われています。
ピザや玉子焼きに入れたり本とに色々と使われます。
多分沖縄辺りから伝わったのかな?と思います。
by shimanohikari | 2010-08-16 23:25 | 野菜・ハーブ | Comments(2)