<< 看板完成!(娘が作ってくれました) 早生イモが出来るまでの様子 >>

三宅島からお客様(パッションフルーツの視察の帰りに)

8月8日
三宅島からパッション部会の方達が八丈島に来訪
朝、凄いスコールで心配しましたが、その後は止んで晴れたので
八丈島内のパッション農家3軒のハウスを視察されたそうです。

三宅島でも最近パッションフルーツを作っている農家の方達が増えてきて
島内消費の他、産直もしている方もいらっしゃいます。
八丈島の様子は大変勉強になったとの事です。
三宅島で農業を頑張っている長男の同級生K君も来ていました。

視察の最後に、当園のハウスにも寄って頂きました。
丁度、夏のユリの時期はほぼ終わった所で、ユリの様子は残念ながら
見ていただけなかったのですが、
早生の里芋を作っているハウスの様子を見て頂いたり、
主人が早生イモを作るようになったいきさつなどを説明していました。

三宅島では里芋と言えば、赤芽イモが主で収穫は秋から冬頃なので
八丈島の様に早生の里芋を夏のお盆時期に食べると言う
習慣は無いようですが、皆さんに少し試食していただきました。
e0097770_16192997.jpg


今回いらした女性お二人は、三宅島で大変お世話になった方達で、
最近の三宅島の様子を聞いたり、娘と孫と一緒に宿にも少しお邪魔してきてました。
赤ちゃんを沢山抱っこしてもらいました。

話に夢中になってしまい、写真を撮りそびれてしまったのですが
皆さん、お元気に農業をされている様子が伝わってきました。

三宅、御蔵、八丈島は同じ航路なので
又、色々な機会に交流が深まると良いと思います。

おまけ
皆様が帰ったあと、孫が保育園から戻ってきて
園で習ったダンスを踊ってくれました。
e0097770_17111864.jpg
e0097770_1711264.jpg


もう少し早かったら、皆の前で踊ってくれたかな?
でも今相当恥かしがりなので多分無理だったか・・・・
by shimanohikari | 2012-08-09 16:23 | 野菜・ハーブ | Comments(0)
<< 看板完成!(娘が作ってくれました) 早生イモが出来るまでの様子 >>