<< やまんばハウス 台風並みの強風・球根の掘り上げ... >>

アレンジメント作り(ソルボンヌなどオリエンタルユリを中心に)

昨日の強風は大分おさまり、今日は肌寒いながら、穏かな日になりました。

冬の出荷も終了間近になり、切り残しのユリが、つかの間の満開になっています。最後は処分するのですが、開いてしまったり、小さかったりの物でアレンジメントをいくつか作ってみました。

東京にいる間に教室に月二回、2年ぐらい通っていたのですが、島に戻ってからはあまり作らなくなっていました。 今年は時々思い出しながら作ってみようと思います。
教室では色々な花材を使いましたが、今回は家にあるユリのみ。葉物は以前はレザーファンを作っていたので沢山ありましたが、今は作っていないので今回はルスカスを使いました。

最初は葉物を適当に差していきます
e0097770_19132060.jpg


一本のソルボンヌを3等分に
e0097770_19134323.jpg


一番目立たせたいお花を中心に、
ソルボンヌとマルコポーロ、スカシユリはアマロネ
e0097770_1914199.jpg


そのほかにも2つ作りました
今回人気があったオレンジ色のロイヤルトリニティ、黄色のコーデリアを使って
e0097770_19141979.jpg


ピンクの新品種、ティアラは花粉が落ちない品種、香りも優しくほのか、黄色はイエローウィン
下の濃いピンクはロンバルディア、右側のピンクはクープレットです
e0097770_19144431.jpg


今回咲いてくれたユリ達の最後のお披露目です。
by shimanohikari | 2007-01-08 19:14 | ユリ | Comments(0)
<< やまんばハウス 台風並みの強風・球根の掘り上げ... >>