三宅島にて その10 (御蔵島)

今回の三宅島だよりはここまでしておきます。上手くまとまらず結構長くなってしまいました。今回書ききれなかった事は、又次回行った時に。

番外編として
先日の日記で書いたのですが、御蔵島に着くときの様子です。
港の近くになって、潮の流れが速くなり着岸に時間がかかりました。
e0097770_17211922.jpg


御蔵島の周りだけ潮が早かったです。何でだったのかな?
e0097770_17213142.jpg


これから東京に戻るお客さんが沢山で、着いたとき拍手が上がりました。
e0097770_17235693.jpg


降りる人、帰る人、急いで出港になりました。
e0097770_17215095.jpg
e0097770_1722777.jpg


イルカウォッチングの船なのかな?急いで走って行きました。
後ろに見えているのは三宅島、御蔵との距離は20キロぐらいだったと思います。
e0097770_17222455.jpg


御蔵島には行ったことは有るのですが、未だ泊まったことはありません。
近くなので是非今度又尋ねてみたい島です。
e0097770_17223757.jpg

三宅に向かう船の後方から、綺麗なお椀型に見えました。
e0097770_17225989.jpg

Commented by twilight_blue_x at 2007-09-02 18:06
こんにちは^^ はじめまして m(_ _"m)ペコリ
拙ブログへのご訪問、コメントをありがとうございました^^
水平線が見えますね~ 波が大きいですね^^(え?これで凪?) というくらい、大きな波も水平線も見たことがないので… 綺麗ですね^^
Commented by shimanohikari at 2007-09-02 20:26
twilightさん
先ほどはお邪魔しました。
早速見に来ていただいて有難うございます。
水平線はいつでも。瀬戸内海だったらこれぐらいは波があるほうですか? 太平洋に沈む夕陽も綺麗ですよ。又時々遊びにいらしてくださいね
Commented by hiro-photo at 2007-09-03 10:44 x
こんにちは。
遊びで訪れるのには良い所でしょうね。
都会に・本土に住む人間にとっては、排気ガスや騒音の毎日から開放されて、自然にドップリ浸かることが出来、身も心もリフレッシュ出来る事でしょう。
しかし、島での暮らしは思うような生易しいものでは無いでしょうね。
自然を相手の生活で、苦労も多いと思います。
でも、一度は訪れてみたいですね。
大島までは行った事がありますが、それ以南は、まだ無いです。
Commented by shimanohikari at 2007-09-03 12:57
hiroさん
こんにちは。島は自然条件が厳しいですが、住んでみると温暖で住む人たちも優しくて住み心地は良いですよ。時々都会も恋しくなりますが。
島に来ると癒されるという方も多いです。
時間の流れも緩やかに感じられます。
台風や火山の噴火など厳しい面ももちろんありますが、自然の事だからしょうがないと受け止める大らかさもあります。
是非大島より南の島にもいらしてくださいね。
Commented by sdknz610 at 2007-09-03 20:34
三宅シリーズ、新聞などメディアが報じない今の姿がよく分かる楽しい
読み物でした!
ありがとうございました♪ 何時か行けるかな~・・・♪
金目の赤目ならぬ、金目にはビックリするやら・・、思わず笑ってしまいました♪
目白が群れているなんて・・・、何とウラヤマシイ・・・♪
あの白いリングをアップでバチっとお願いします!・・なんて♪
他にも一杯いるそうですが、ボチボチとアップしていただけると・・・♪
Commented by shimanohikari at 2007-09-04 00:51
sdknzさん
こんばんは、三宅のシリーズ、ちょっと長くなってしまって。
見て頂いて有難うございます。
ダイビングやサーフィンはやらないので、もっぱら陸地ですけど。
お花が好きな方には7月ごろの方が色々咲いているかなと思います。
メジロの群れには本とに驚きましたよ。
台所の直ぐ目の前に沢山寄ってきてました。
是非いつか尋ねてみてください。
八丈から三宅の航路もお勧めですが。
Commented by ringring at 2007-09-04 16:54 x
はじめまして。
神奈川に住んでいる花スキの子持ち主婦です。
タメトモユリがほしくて検索でここにたどり着きました。
なかなかないんです。通販で。
まだタメトモの球根通販は始まらないのでしょか?
是非庭にほしいのですが・・・。

カサブランカはよく増える場所(去年3本、今年6本)に植えよーかと思うのですが、栽培環境は違いますか?
西日は当たらない少し日陰になる庭の東南の端です。
 

Commented by shimanohikari at 2007-09-04 18:26
ringringさん
ご訪問有難うございます!
お花の好きな方に来ていただけて光栄です。
家ではタメトモユリ(サクユリ)は残念ながら作っていないんですよ。
20年近く前に、三宅島でサクユリとカノコユリの交配種、島の光というユリを以前作っていた方から引き継ぎましたが、現在養成中で未だ通販は再開していないんです。
来年ぐらいから少しは販売できるようになると思います。
 
タメトモユリの選抜種でシントシマというユリを、伊豆七島の利島農協で扱っていると聞いていますが、最近はどうなのかちょっと分かりません。
利島農協さんにお問い合わせをお勧めします。
タメトモユリは自生しているユリなので、作っている所はあまり無いのでは?と思います。

カサブランカの植える場所は、こちらでも西日が当たらない半日陰が良いといわれていますので、今植えられている場所は最適なのではないでしょうか。
9月下旬から次のユリが始まりますので、又是非遊びにいらしてくださいね。
Commented by kimcafe at 2008-09-16 22:04
有吉佐和子の海暗を読んでから一度は行ってみたいと思っていた
御蔵島ですがカメリア丸が寄港するのなら、昔よりずっと行きやすく
なったんですねえ
これは行ってみたいなあ
オオミズナギドリのヒナは今でも食べるんでしょうか(^^ゞ
Commented by shimanohikari at 2008-09-17 00:15
>kimcafeさん
有吉さんの小説、未だ読んでないです。
御蔵は三宅の噴火以降、定期船が毎日就航し、イルカが住みついている島として超有名になって、すっかり元気な島になってきましたね。
イルカ関係では三宅をしのいでいます。
2年ぐらい前に初めて上陸しましたが、小さいながらも興味深い島で又行ってみたいです♪
オオミズナギドリの雛を食べる習慣はちょっと残酷に感じますが、昔は貴重な蛋白源だったんでしょうね。
by shimanohikari | 2007-09-02 17:29 | 三宅島 | Comments(10)

西野園芸のユリ栽培日記・時々明日葉の事も。島の暮らし・風景などを綴っています。


by shimanohikari
プロフィールを見る
画像一覧