ブログトップ

百合日記

八丈富士へ3(八丈富士から見た夕陽)

八丈富士からの風景
最後は山の中腹から見た夕陽です。

いつものように八丈小島ですが、眼下に見た小島はいつもとちょっと違う感じです。

だんだん日が短くなり日没時間も既に5時前になってしまいました。
この日は娘も居たので、少し早めに切り上げて戻ってきました。
この時は多分4時半過ぎ位だったと思います。

牧場から少し西側に行った所に八丈富士が良く見える場所がありました。
とても静かな光景でした。

e0097770_21452558.jpg
e0097770_21455716.jpg


空の色も一緒に。
e0097770_21465962.jpg


おまけの写真、 

牧場からは小島は半分しか見えません。
こういうときどうやって撮れば良いのか分かりません(汗)
太陽がギラギラ過ぎてちょっとうっとうしいですが、こんな感じです。
e0097770_2145562.jpg

Commented by sdknz610 at 2007-11-10 22:27
ワ~っ、素晴らしい夕景ですね~!
だんだん茜色が濃くなって行くんですね。
1枚目のズバリ逆光と、3枚目のススキを絡ませたの、好きです♪

露出が難しい条件ですね。
私はこういう場合、露出を変えて3枚は撮るようにしています。
オートブラケッティングといって、マイナス、標準、プラスを自動で撮る
機能があると便利なんですが、露出補正機能がお持ちのカメラにもあるな~・・・?
無い場合は自分で+、標準、-とずらして・・・ということになります。
オートモードだとカメラ任せでそういう調整が出来ないようになっているかもしれません。
A(絞り優先)とかS(シャッター優先)、又はP(プログラム)の各モードでということになるんですが・・・。
Commented by sdknz610 at 2007-11-10 22:28
すみません、追記です。
私の場合は、更にズームだと、写る範囲を変えて、夫々露出を変えて3枚、
更に微妙に方向を変えてここでも露出を変えて3枚・・・
なんてことやるので、アっと言う間にそこだけで20枚近く
撮っちゃうなんてことになります♪
そんな中に、たまにこれはいいかも!なんていうのがあるんですが・・・
歩留まりは悪いです♪
ただ、デジカメのお陰でそれが出来るので、銀塩の時とは
写真の撮り方が随分変わってしまいましたね。

それから、3枚目や4枚目では、手前のススキがとても重要なので、
これを強調するために、ストロボ焚いてみると又違った印象になるかもしれませんね。
その時にススキにピントを合わせるのと、小島にピントを合わせるという
2種類撮っておくと、面白いかな~とも思いました。
スミマセン、余計な事をブツブツと・・・m(_ _)m
Commented by shimanohikari at 2007-11-10 23:08
sdknzさん
益々カメラが今のだと限界って思えてきます。
でも近い将来、もう少し高機能か一眼レフとかが使えるようになったら
このコメントは非常に参考になると思います!!
有難うございます!

今のデジカメでさえ結構撮ってしまいますが、
sdknzさんが物凄い数を撮っておられると聞いて
凄い!っておもいます。

来年はカメラについて色々お聞きできるよう
頑張ります!(今年はそろそろ忙しくなりそうで無理そうですが・・・)
Commented by shimanohikari at 2007-11-11 00:26
sdknzさん
又遅い時間になっていますが・・・大丈夫です。
カメラの説明書を引っ張りだしてきました。
ある程度の事は出来そうなので
これから状況を考えて撮るように心がけたいと思います。
又気づいた事があったら教えてくださいね!
Commented by sdknz610 at 2007-11-11 14:22
すみません、却ってお手数お掛けしてしまいましたね。
取説って、最初見るにしてもその内何処かに行っちゃって、何かの時に
見ようと思ったら見つからなかったなんてよくありますが・・・、
あって良かった~♪
そうなんです、暫く使ってから見直すと、目からウロコ!なんてことで、
そうだったのか~!なんてね・・・♪
私もスゴイ機能があるのに殆ど使っていない、なんてことだらけですよ。
shimanohikariさんが撮る枚数が急に増えちゃうかな~・・・♪
お出掛け前のバッテリーの充電、予備バッテリと記録メディアの予備も
お忘れなく!♪
by shimanohikari | 2007-11-10 21:57 | 八丈の風景 | Comments(5)