カテゴリ:今思うこと( 4 )

島に戻りました

しばらく上京していましたが19日、約1週間ぶりに八丈島に戻りました。
八丈富士も半月前には大島桜が満開でしたが、今ではすっかり新緑の季節に衣替え。
未だ風が冷たく感じましたが、自然や緑の多い島に戻りホッと一息ついています。
八丈島には主人やAさんが居てくれたので、安心して上京していたのですが
20日から主人は早速三宅島へ出かけました。
島内用野菜や草花の苗の販売、明日葉収穫と加工・・・・
春から初夏にかけて三宅島での仕事も忙しい時期です。

3月下旬、神奈川の両親が相次いで別々の病院に入院していましたが
4月13日に母は退院し、父も大分元気になってきました。


早いもので4月下旬になりました。
ユリも大分大きくなって、LAユリが中心ですが数も増えてきました。
取り急ぎお得意様にご案内している所です。
ただ今しっかりした花が出来ていますし色も揃っています(黄色、ピンク、赤など)
是非ご利用いただければと思います。
カサブランカは一旦途切れ、2-3日後からになります。

西野園芸HP ユリのご注文のページは→ こちら になります。
(ただ今通常より増量サービスのセットがお勧めです)
お電話、ファックスでも受け付けております。

明日葉製品に付きましても通常通り発送しております。
*明日葉種は売り切れてしまいましたが、丁度明日葉苗が出来ています。
健康野菜として注目されている明日葉を是非育ててみてはいかがでしょう?
主人がブログに明日葉苗の様子をアップしていますので参考にしてみてください。
→ こちら です。
苗からですと夏ごろには収穫できるようになると思います。

上京中に丁度震災から1ヶ月が過ぎました。
4月中旬は丁度神奈川でも桜が満開で
病院に通う途中、電車やバスの車窓から満開の桜を見たり桜吹雪の中を歩いたり。
ソメイヨシノの満開の様子はやはり素晴らしい光景でした。

震災後、いまだに復興は中々進んでいないようですし、
避難している方は大変な状況が続いています。
原発問題もさらに深刻な状態が続いています。

海外では今回の日本の状況を見て
原発を見直す動きが出ているようです。

日本でもこらからのエネルギー、原発無しで是非お願いしたいです。
地震など災害が多い日本に原発はふさわしくない廃止すべきと
多くの方が表明されていますが、
自然災害はいつ叉起きるか判らず、本とに恐ろしいと思ってしまいます。
是非太陽光や風力発電などのエネルギーを主体にして欲しいです。
(八丈島での地熱発電も素晴らしい!と見直されています!)

その前に一日も早く福島原発が安全に収束し、
東北地方の(茨城や千葉も)復興が早く出来ます事をお祈りしています。

春を迎え島ではいつも通り、割と長閑な生活をしていますが
毎日の生活や仕事に専念できる事を感謝して、
微力ながら自分に出来る事をしていきたいと思っています。

私事ですが
by shimanohikari | 2011-04-20 22:23 | 今思うこと | Comments(0)

震災から1週間

3月18日

あの大震災の日から1週間
続々と支援の手が広がっている一方、
未だ物資さえも届いていない避難場所があるなど
辛い情報も多いですが、どうか早く支援が行き渡りますように。
不眠、不休で救援、復旧に努めている多くの方々にも感謝の気持ちで一杯です。

原発の様子も一層深刻ですが
消防、自衛隊、東電社員、諸外国の応援の方々
ハイパーレスキューの方々の献身的な活動が実を結び
早く安心できる状態になってもらいたいと切に願っています。

余震も続いているようで、皆様心労で体調を崩されているのではと心配です。

今回の災害とは比較にならないかもしれませんが
11年前の三宅島噴火災害時と今回の事にも共通する事があるとしたら

被災された皆様が早く普通に近い生活が送れるように
安全な地域の空いている公営住宅などの避難住宅に入れたらと思っていました。
(体育館などでの避難生活、この寒い時期には本とに限界だと思います)

今、多くの自治体から、空いている公営住宅へ家賃無料で入居できるような
支援が始まっているようです。

家族揃って、地域毎など、つながりのある方たちで、
なるべく一緒の場所で住む事が出来たら、助け合いも自然に出来て良いのではないかと思います。
*ただし、住宅だと壁で隔てられてしまうので
毎日のように顔を合わせる場所を作ったり声を掛け合うことも大切だと思います。

関西の自治体連合でも体制がつくられているようで
各県ごとにまとまって避難も受け入れの準備を始めているとの事。

相当長い避難生活になるかもしれませんが
知り合い同士協力できる体制で、避難生活を乗り切れられたらと思います。
今回は未だ寒い時期ですので、特に急いで頂きたいと思います。

伊豆諸島でも大島など被災された皆様への受け入れ体制が整った島もあるようです。
三宅島からの避難者を受け入れて下さった八丈島でも近々議会で取り上げられるようです。

農業、漁業、自営業・・・の方も多いと思います
時間がかかるでしょうが、以前と同じように仕事が出来るよう
特に手厚い政策・支援がなされる事を願っています。

(18日に書いた日記ですが、中々まとまらず今日23日になってしまいました)

三宅島災害の時を振り返ってみました
by shimanohikari | 2011-03-23 16:20 | 今思うこと | Comments(2)

地震から5日目

(昨日の日記です)
3月15日
関東東北大地震から5日

津波の被害に加え、
相次ぐ原発での事故のニュースも深刻になってきました。

東海地方震源の地震も心配です。
神奈川の方でも震度5弱あったそうで心配しましたが大丈夫だったようです。
息子達が祖父に当たる父の所に電話してくれたり
私にもメールしてくれました。

震災のニュース
未だ支援の手が届かない場所も多い様ですが
早く救助、支援の手が届きますように。
各地から集まった消防団の方達、自衛隊、警察の方々
海外からのレスキューの方達
各国からの支援も力強く思います。

未曾有の災害ですが、きっと復興できると信じています。
(既に被災された方達が自ら復興へ力強く動き出しているTV映像も見ました!)

八丈島でも役場や観光協会で義援金の受付が始まっています。
少ししか協力できない自分がもどかしいですが微力ながら協力させて頂きます。


11年前の三宅島噴火災害の時に多くの方たちからのご支援を頂いて
今の自分達があることも忘れずに。

主人の頑張りと逞しくなってくれた子供達の力、
周りの方達の励まし、お客様のご支援で、
避難生活を何とか乗り切れました。
今回の未曾有の災害とレベルが全く違うとは思いますが・・・

今の辛い時期が早く終り、皆で普通に暮らせる時が来る事を
心から願っています。


3月14日はホワイトデーでもありました。
長男の誕生日でもあり、夜には電話で割と元気そうな声が聞けました!
(職場までの交通機関が止まってしまったり、計画停電も大変な様子です・・・)

1ヶ月前からご依頼を頂いていたホワイトデー用の花束、
早めにご注文頂いていたお供え用のお花を発送しました。
2月初めに八丈農園で種蒔きし
少し大きくなった野菜苗や花苗を三宅島に送ります。
(三宅農園のハウスで女性スタッフさんのご協力も頂きながら
大きく育てる予定ですので待っていて下さい)

明日葉製品の発送もほぼ通常通り行っています。
このように仕事が出来ている事に感謝しています。

島は計画節電にはなっていませんが
色々なイベント(が中止になったり、自粛したり
毎年恒例の産業祭やフリージア祭りも今年は中止だそうです。
(観光客の方のお花の摘み取りは行われるとの事です)
電気もなるべく使わないように呼びかけられています。

今自分に出来る事を日々考え、出来る事をしていきたいと思っています。
by shimanohikari | 2011-03-16 09:00 | 今思うこと

新潟地震から1週間

先日は台風4号でお陰様で島は無事でした。
その事を書こうと思っていたら16日に新潟地震が発生。
新潟を襲う度々の災害に言葉が見つかりません。

亡くなった方のほとんどが高齢者、人生の最後を地震で家の下敷きになって終える事になるなんて想像もしていなかった事でしょう。

阪神大震災に匹敵する大地震で家の損壊も激しく、住民は公民館や体育館に避難して、水や食料も乏しく、お年寄りが床に毛布一枚で横になっているのはなんとも気の毒です。
家の近くでテントや倉庫で生活されて頑張っている方も多く大変な事になっていますね。毎日TVで拝見して人事では有りません。

これからますます暑くなる夏に向かって、避難生活はとても大変だと思います。

三宅島も7年前の夏2ヶ月位の群発地震と、その後の噴火で辛い一夏になりました。
最初は内地の知り合いからの救援で凌いでいましたが、3000年ぶりという大噴火で全島避難となり、都内での避難生活は4年に及びました。
今は多くの住民は島にもどり、大分落ち着いてはきていますが、未だ完全な復興とまではいえない状態が続いています。
災害は長期に渡って続くという事が阪神大震災後言われ続けています。
最近は多くの災害が起こっているので、こうした時被災された方の立場に立った対策が講じられる事を切に願っています。

新潟の方達が早く落ち着いた生活ができますことを心から願っています。
by shimanohikari | 2007-07-22 13:25 | 今思うこと | Comments(0)

西野園芸のユリ栽培日記・時々明日葉の事も。島の暮らし・風景などを綴っています。


by shimanohikari
プロフィールを見る
画像一覧