ブログトップ

百合日記

5泊した三宅から今朝戻ってきました。
写真も沢山撮ったので、その中から今の三宅島をご紹介していこうと思います。

26日、朝の10時過ぎに八丈島の底土港を出港
e0097770_23305148.jpg


船から見る八丈富士と八丈小島
e0097770_23311716.jpg


海の上から八丈島のひょうたん型を見ることが出来ました!
e0097770_15324763.jpg


途中の海は波も無く大変穏やかな日でした。
e0097770_23323027.jpg


海鳥も沢山見えました。写真に撮ろうと思ったのですがこれが精一杯
e0097770_2333667.jpg


三宅島が近づいてきました。
e0097770_23315325.jpg


港(錆が浜港)に有った噴火前の観光地図、、三池港は島の東にあります。
e0097770_015997.jpg


三宅島、三池港に船は到着(もう一つ反対側にも錆ヶ浜という港があります)
e0097770_23384165.jpg


夏休みなので、沢山の人が東京へ向けて乗船して行きます。
e0097770_2339204.jpg


三宅島は周囲約32キロ、山手線一周ぐらいの広さが有ります。
5つの集落に分かれています。
集落ごとに分けて書いてみたいと思います。

最初は島の東から南にかけて一番広い坪田地区から。

坪田地区にあるお店に寄ってみました。ハート会のお店です。
e0097770_23401043.jpg


地元で採れた野菜も沢山売っていました。
その他手作りのお惣菜やお菓子なども売っています。
e0097770_2341596.jpg

e0097770_23414743.jpg


オリジナルの化粧品は人気が有ります。
島に自生しているドクダミを原料に使っているそうです。
e0097770_23421164.jpg


島で唯一のお豆腐屋さんに寄ってみました。
お店の写真を撮ったはずが見当たりません!?
お店の横には沢山の草花、西野園芸の苗も植えていただいているとの事。
(三宅の農園では秋と春に三宅島島内用に花壇用の苗を作っています)
e0097770_23422855.jpg

e0097770_23423738.jpg


その近くには三宅高校があります。
e0097770_23424942.jpg


フィッシュウォッチングを楽しめる長太郎池は高校の近くの道を下ったところに有ります。
一時は大分様子が変わったと聞いたのですが、今では又子供づれの人も行けるそうです。

さらに走っていくと、懇意にしている民宿があります。
お花の好きな女将さんなので、いつも沢山のお花が植えられています。
三宅の農園で作った苗もよく利用していただいています。
今回はお留守だったので、お庭だけちょっと撮らせて頂きました。
e0097770_2343429.jpg

サルビアの赤がとても映えています。
e0097770_23432437.jpg


ハイビスカスも元気に咲いていました。
e0097770_23435357.jpg




次回に続く
by shimanohikari | 2007-08-31 23:51 | 三宅島 | Comments(0)

三宅島に来ています

八丈島から船(かめりあ丸)で三宅島に来ています。
(目的は・・・八丈のユリの仕事が今一息ついたので、久しぶりにアシタバの仕事の様子や、三宅の様子を見てみたいと言う事で来てみました)

今日(26日)の海はベタ凪でした。 八丈を出る時は波も全くなくて湖を走っているようでした。

八丈から約3時間後、御蔵島に着く直前、港内の潮の流れが早かった為か着岸に時間が掛かりましたが、無事に接岸。
着いた時、港で待っていた人達から拍手があがるという珍しい光景を見ました。 東京に戻るお客さん達はハラハラしながら見ていたでしょうね!

御蔵島→三宅島の間には、海鳥が沢山見えます!
群れになっているのも時々見えました。(そういうのを何とかって言うんですよね)
トビウオと海鳥のバトルも見えました! (トビウオが飛んでいるところにめがけて海鳥が低空飛行で飛び掛っていました!)
約一時間位なので、海が荒れていなければデッキに出て、外の景色を眺めるのがお勧めです。運が良ければ海亀やイルカが見えることもあります。


午後2時30分ごろ無事三宅島、三池港到着。
今日は八丈からも結構大勢のお客さんが乗っていました。
昨日まで八丈島で伊豆七島の小学生のサッカー大会があったので、三宅や御蔵からの小学生が大勢参加していたようで、御蔵、三宅で子供達が降りていくと、お迎えの人達がお待ちかね。
下船の後は東京に帰るお客さんが乗り込んで、慌しくも賑やかな三池港。

私は4ヶ月ぶりの三宅島です。

家に到着するとセミの大合唱!
ジ~ジ~、オーシンツクツク、カナカナカナ・・・、凄い音です!

夜には虫の鳴き声が・・・夜のBGM
風も涼しく秋の風情です。

写真のアップはもう少しお待ちください。
by shimanohikari | 2007-08-26 21:34 | 三宅島 | Comments(0)

昨日の続きなのですが、午後3時ごろハウスで八丈富士も撮ったのでアップしてみました。

24日、ハウスから見た八丈富士の上には秋のようなすじ雲が出ていました。
e0097770_205569.jpg

西の空には一面のウロコ雲
e0097770_2011438.jpg


今日8月25日は三宅島の航空路が来春から再開されるとのニュースもありました。
噴火前には1日2便あった飛行機、噴火後は無くなってしまったので、島の人たちはとても苦労していました。
急に上京しなければならない時や、船が弱い人にとって、又色々な意味で船だけの交通手段では本とに不便でしたので、未だ少し先の話ですが朗報です。
ガスの影響を見ながらになるので、まずは一日1便からとの事ですが、離島に暮らす人々には飛行機は生活路線なので、是非実現して欲しいです。
これから三宅島の復興が加速される事を願っています。


一昨日23日の写真ですが、南原で夕方撮った写真も載せてみます。
大雨が降ったあと、すっかり青空になりました。
島は一日でお天気の変化が大きいです。
e0097770_208577.jpg

八丈富士の形も少し違って見えます。
e0097770_208511.jpg

八丈小島もくっきりと
e0097770_2091116.jpg

青空に白い雲、何となく秋めいています
e0097770_2010286.jpg

by shimanohikari | 2007-08-25 20:17 | 八丈の風景 | Comments(2)

海に沈む夕陽

朝から雨が降ったり止んだり、夕方には大分お天気が回復。

夕方オクラを採りに行って、帰ろうとしたら八丈富士に茜色のカサ雲が出ていました。西の空も未だ明るくて、急遽いつもの夕陽スポットに行ってみる事にしました。

夕陽が見られるかも、と思うと時々衝動的に車を走らせてしまいます。
八丈富士のカサ雲は走っている途中で直ぐに消えてしまいました(綺麗だったので家の前で直ぐ撮っておけば良かったな~)
だんだん暗くなってきてちょっと焦ったのですが、ギリギリで日没直前に間に合いました!時刻は6時10分ごろだったと思います。

前回は7月22日頃だったので、丁度1ヶ月ぶりの夕陽です。

夏休み子供達と見ようと思っていたのに、何だか慌しい日々で見逃してしまったので、久しぶりに見た夕陽。今回は水平線に沈んでいきました。
e0097770_20124885.jpg
e0097770_20131262.jpg
e0097770_20133047.jpg
e0097770_20135625.jpg
e0097770_20142919.jpg


前に見た時は海の少し上に沈んでいきました。
知り合いから「海に沈むのは梅雨明けなんだよ」と言われたことを思い出しました。水平線に沈む夕陽が見られて良かったです。
by shimanohikari | 2007-08-24 20:14 | 八丈の風景 | Comments(4)

今日は朝から曇り空、昼からは大雨になりました。

夕方には大分雨もおさまったので、
ハウスに行ってみました。

春にハウスの空いたところに作っている自家用野菜、大分終わりになってきましたが、ゴーヤだけは未だいくらか採れています。
e0097770_2317364.jpg


形はいびつですけど、最近はゴーヤ料理も色々紹介されているので暑いときの野菜として重宝します。よく作るのはゴーヤチャンプルーですが、最近はサラダにしたり、チャーハンや焼きソバに入れたりして色々利用しています。

それから島オクラはネリといって、特に八丈島ではよく食べられています。
角がなく切り口は丸く、少し大きくなっても筋がなくやわらかいオクラです。
e0097770_23171993.jpg


生のを刻んでおかかをかけてが一番簡単ですが、そうめん等の薬味にしたり、納豆に混ぜたり。
サッと湯がくとさらにネバネバするので小口に切っておひたしのように食べたり、ゆでたオクラをミキサーにかけてとろろみたいにして食べたりします。これも暑いときにはツルリとしていて美味しいですね。

春にハウスの横の露地に植えたオクラは既に2メートル以上に成長しています。毎年夏には台風で枯れてしまう事が多いので、こんなに大きく育ったのは初めてです。、今年は天気が良く、暑い日が多いので成長も早いようです!
e0097770_23174910.jpg


オクラの花も可愛いですね!夕方にはしぼんでしまいます。
e0097770_23181770.jpg


シマトウガラシ(島トウ)も大分実をつけてきました。
刺身や麺類にも島トウがとてもよく合いますよ。
島ではカツオや他の地の魚を食べるときも、島トウが欠かせません。(ただ本とに激辛なので使うときは注意が必要です)
冷凍しておけば一年中食べられますし、赤くなった物は普通にトウガラシとして使ったり、粉にして一味トウガラシのように使っています。
島トウを使った漬けダレ等も色々作られています。
e0097770_23184259.jpg


島トウの産直も少しですがやっています。
(そのページの更新がされていませんが、今年も未だ受け付けています。発送までは少しお待ちいただくことになると思います。)
by shimanohikari | 2007-08-23 23:25 | 野菜・ハーブ | Comments(0)

夕方チョッと涼しかったので、
やる気を起こして粉末アシタバを使ったスイーツ作り
とはいってもとっても簡単なのですけど・・・

明日葉入り白玉です。

八丈島の友人台風ねいさん に更新をお願いしている粉末アシタバレシピ集に載っている
フルーツ白玉を作ってみました。
暑いときの冷たいデザートの一つに是非加えてみてください。

先日材料だけは買ってあったんです。
e0097770_21315233.jpg


これを入れないと!
e0097770_21393731.jpg


今日は100グラムの白玉粉に粉末あしたばを5グラムほど入れて作ってみました。
白玉粉と粉末あしたばに少しずつお水を加えて耳たぶぐらいの柔らかさに練ったら、沸騰したお湯で浮き上がるまで茹でるだけ。 その後水で冷やしあら熱をとって冷蔵庫で少し冷やします。

e0097770_21321811.jpg


お好みでゆでアズキやフルーツを乗せて
今日はナタデココ入りマンゴーのシロップ漬けを入れて簡単に
e0097770_214032.jpg


アイスを乗せればなお美味しいですよ~
e0097770_2140274.jpg


これから又色々作ってみたいと思います。

粉末アシタバのご注文は西野園芸HPのご注文フォームより承っております。
by shimanohikari | 2007-08-22 21:33 | アシタバ | Comments(2)

夏なのにうろこ雲が

夕方洗濯物を取りこもうとしたら・・・

うろこ雲が綺麗に見えたので思わずパチリ!
海の方とかに行ったらもっと良かったのですが、家の前でです。

すごく細かいうろこ雲
昨日から結構風も吹いて、暑さの中にも秋の気配を感じられるようになりました。
夕方吹いていた風は涼しくなってきました。

季節の移り変わりは急に訪れますね。

e0097770_17485517.jpg
e0097770_17493272.jpg

e0097770_17502953.jpg


家の近くにある高い塔は某電話会社のです。
by shimanohikari | 2007-08-22 17:53 | 八丈の風景 | Comments(0)

上京中、久しぶりに上野に行ってみました。春に桜を見て以来です。
どの展覧会を観ようかと思ったのですが、インカ・マヤ・アステカ展に行ってきました。
その日はそれ程混雑はなく、音声ガイドを借りて一人でも結構楽しめました。

親子のミイラの展示や生贄が頻繁に行われていたなど、チョッと辛い展示が多かったです。
それだけ自然条件も厳しい土地で、神にすがるよりなかったのかもしれませんが。
副葬品の展示物には、ヒスイ等の宝石を使ったものも多かったです。元々は金の物も多くあったそうですが、スペインが征服したときに金の物の多くは溶かされて無くなってしまったそうです。それでも結構金の物もありました!(王様の権威は凄かったみたいです!)
あんまり覚えていないのですが、食器や壺、置物等は大昔の物なのに色やデザインが可愛いかんじのも多かったです。やはり説明本を買っとけば良かったかなと反省。

撮影は禁止だったので、今回は写真は無しです。
(熱心な人がメモを取っているのを何回か見ました!凄い熱意です!)

メキシコシティの地下にはアステカ文明の遺跡が眠っている事も知りました。
特殊な畑の作り方(池の上に浮き草とか泥を浮かべるやり方)なんかウルルンで見たことあったような気がする・・・
その他の展示は生け贄の儀式の説明や、大きな神の像等、当時の残酷な儀式を連想する展示物が多く、最後はチョッと凹み気味で退館。

ミイラ文化を嫌ったスペインによって多くの遺跡や文化は消失してしまったようなので、高い山の上にあったマチュピチュが、インカ滅亡後も数百年も見つからずに残ったのは幸運だったと言えるのでしょう。
最も美しい世界遺産といわれているそうですね。
段々畑では今も水路があり、インカの末裔達の耕作が続いているそうです。
日本人は特に好きな方が多いのはなぜなんだろう?昔の日本と共通する何かがあるのかな?

それにしても昔から人間は戦争ばかりしていたんですね。
残酷といってしまえばそれまでなんですけど。
自分や身内を守るためには他の命を犠牲に・・・
日本でも今は平和ですが、歴史を見れば世界大戦以前にも同じ国内で戦が続いたわけですから、目をそむけるわけにもいきませんね。

世界では今でも戦争で苦しんでいる人が多いですが、早く平和になりますように!!


帰りに坂を下りて上野の繁華街へ。
物凄い人で活気がありました。東京で育ったので下町の喧騒は案外大丈夫ですけど、ブラブラ散歩も暑いときは無理でチョッとだけ。(日よけの帽子を買いましたが)
途中であんみつで有名な、 「みはし」の前を通ったのでホッと一息、休憩して帰りました。

抹茶あんみつと葛餅・・・結構なボリュームでお値段もお手ごろです!
e0097770_9402376.jpg

HPを見たら寒天に使う天草は三宅・八丈・神津島産のが使われているみたいです!

そういえば上野界隈には美味しい甘味所とか多いですね!
この頃東京の下町が見直されていますが、やっぱり下町散歩もたまには良いな~
昔にタイムスリップした気分になりますね。
by shimanohikari | 2007-08-22 09:51 | 東京散歩 | Comments(6)

先日箱根日帰りした時、ほとんど湿生花園だったのですが、
色々あったミュージアム、一つだけ見ていこう!ということで
施設めぐりバスの帰りに「星の王子様ミュージアム」へ

入り口にはシャボン玉がずっと噴出していました。
e0097770_233324.jpg


広い中庭
サン・テグジュペリが幼少時代すごしたフランスの邸宅を模しています。
e0097770_2373458.jpg


サン・テグジュペリの生い立ち(裕福で幸せだった幼少時代)、早くにパイロットになり色々な国に住み、戦時中にさまざまな経験をした事も分かりました。

子供時代の部屋やパイロット時代の部屋などが再現されていて、写真も沢山ありました。
幼い頃の心豊かな生活が、後に名作を作る土台になったようです。

星の王子さまの本は偶然できた本という事です。
亡命していたアメリカで、レストランでサン・テグジュペリがいたずら書きをしていたのを偶然見つけた出版社の社長が、何かクリスマス向けの本をという事で依頼して出来た絵本。占領下の母国フランスで苦しんでいるユダヤ人の友人にささげた本という事です。
作者が亡くなってから奇跡的に成功を収めて世界中で読まれることになったそうです。

星の王子様のお話
もう忘れかけているので、又読んでみたいと思いました。
むしろ大人の人向けの本ということなので。

第二次大戦後半、亡命していたアメリカで最後は普通よりかなり高年齢で再び志願してパイロットになり北アフリカヘ、最後はコルシカ島から偵察飛行に行ったまま戻らなかったそうです。
(かなりの行動力に驚きます!)
飛行機の操縦はあまり上手ではなかったというのも何だか人間味を感じました。

e0097770_2333866.jpg
e0097770_2343486.jpg
e0097770_235196.jpg
e0097770_2352192.jpg
e0097770_2353978.jpg


e0097770_2363381.jpg


帰りに来館記念に何か一冊と思って「星の王子さまの秘密」山崎庸一郎著という本を買い求めてみました。本に登場する人物や動物、お花の意味、もう一度知りたいなと思って。
by shimanohikari | 2007-08-21 23:07 | 神奈川散歩 | Comments(2)

いつも気ままに日記を書いておりますが
これから時々明日葉の事も書いてみようかなと思いまして
その一回目という事で、ご紹介します。

暑いときカキ氷食べたくなりますね!
でも甘いのはどうも苦手という方にお勧め
粉末アシタバを使ったカキ氷です。
味は・・・宇治金時に似ていますよ。
(アズキや甘みで調節してみてください。)
e0097770_20361935.jpg


粉末アシタバを使ったメニューが沢山ある空間舎に
先日行った時に久しぶりにカキ氷を食べてみました。
アシタバアズキのカキ氷です。
空間舎のカキ氷、フワフワなので、直ぐに完食!です。

ご自宅でカキ氷が作れる方は是非作ってみてくださいね。

粉末明日葉を少し水で溶いてシロップ状にし、バニラアイスにかけると・・・
抹茶風味に見た目がそっくりの明日葉風味のアイスになります。
苦味が少なくて、結構食べ易くお勧めです!



その他暑い夏、冷茶の代わりにアシタバドリンクがお勧めです! 苦味が苦手な方はガムシロップやオリゴ糖などを加えると飲みやすくなります。
暑い夏、粉末アシタバで不足がちのビタミン補給してみてください!
アシタバには普通の野菜に比べて、多くのビタミン、ミネラル分が含まれています。

粉末あしたばレシピ集には他にも色々なレシピが載っていますので、是非ご覧下さいね。

ご注文は西野園芸HPのご注文フォームより承っております。
by shimanohikari | 2007-08-19 20:38 | アシタバ | Comments(0)