ブログトップ

百合日記

<   2008年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

10日ぶりに三宅島から八丈島に戻りました。

秋の八丈島、三宅島に比べたら暑いな~と思っていたら
今日はすっかり涼しくなって、やたらとトンボが目立ちます。

何気なくネットを観ていたら・・・(八丈島ポータルサイトに出てました)
本日、夜の番組で離島の少年野球大会の様子を放送するそうです。

村田兆治さんの活動、
以前三宅島にも来られていたな~ 

未だ間に合ったので夜観てみようと思います。

NHK、 こちらの番組です。
「ドキュメント・日本の現場」 小さな夢~離島・野球少年の夏
午後10時25分~

追記
隠岐島チームが優勝でした。(人口が16000人もあるそうなので、やはり違うのかな~)
大島が準優勝。

八丈島や三宅島のチームも出ていたのですが、映像は残念ながら無かったです。でも頑張ったんだろうなと思います。
同じ島同士なので 何となく少年達の雰囲気が似ていました♪

来年は隠岐島で開催するそうです。

応援の父兄も多かったので、来年は伊豆諸島から隠岐に同行する父兄の方も多そうですね。
子供達に楽しませてもらっていると言うお父さんの言葉が印象的でした。
by shimanohikari | 2008-09-27 17:57 | 八丈の風景 | Comments(2)

今回の三宅滞在もそろそろ終わりに。
アップ仕切れなかった写真がありますが、又徐々にご紹介したいと思っています。

三宅島のお土産の代表、クサヤと牛乳せんべい。
島の北部、神着には製造元のお店が並んでいます。

くさや製造の清漁水産さん、神着の木やり太鼓の名手の方です。 この日はあいにくお留守でお姉さんがお店番。
お店の外観だけですがパチリ。
e0097770_2254846.jpg
e0097770_22544348.jpg

商品の写真を載せてみました。
清漁さんのご挨拶が書かれています。
e0097770_19233641.jpg
e0097770_19235110.jpg


包み紙には島節の一節が載せてあります。
e0097770_1924671.jpg


清漁さんか開発した「シイラのクサヤ」もお勧めです。

牛乳せんべいの岡太楼本舗さん。
島内の多くのお店で売っていますが、焼きたてのおせんべいはこちらでどうぞ
e0097770_22545976.jpg

大きな牛が目印です。
e0097770_22551497.jpg


以前と同じ包み紙、ホンノリ甘いおせんべいです。
e0097770_19242869.jpg

e0097770_19225552.jpg


神着ではないですが
当園の粉末アシタバを置いて頂いているお店も紹介します。
今回お店の写真を撮りそびれてしまいましたが
坪田にある「ハート会」でも粉末アシタバを置いて頂いてます。
上の段にある黄色っぽい海草は、三宅島産の天草(てんぐさ)です。
(天草を煮て作るトコロテン、ちょっと手間が掛かりますが格別な美味しさです)

三宅島ではところてんは黒蜜と黄な粉をかけて食べるのが定番。
切り方もみつ豆などに入っているみたいにダイス状なんですが
これが美味しかったな~ (又時間があるとき天草のところてん作ってみたいです!)

e0097770_22554266.jpg

当園の粉末アシタバも三宅島のお土産の一つに加えて頂いて光栄です。
e0097770_2256344.jpg


他にも島内の色々な商店で置いて頂き、感謝しております。
今回はあまりお店紹介が出来なかったので、以前の記事も見て下さいね.。 いきいきお魚センターの様子の様子もどうぞ。

三宅島で粉末アシタバを販売している場所はこちらにご紹介しています
by shimanohikari | 2008-09-25 23:14 | 三宅島 | Comments(2)

先日アカコッコ館に行った帰り、長太郎池に寄ってみました。
丁度台風のすぐ後だったので、いつもの波静かな池の様子ではないのですが、フィッシュウオッチングで有名な場所です。
三宅島の辺りは黒潮の影響で熱帯魚も結構見られるようです。
スナッパーさんのブログを見ると、来週月曜日あたりは東京サイトで長太郎池の様子が放送されるとの事なので、海の中の様子も見られるかもしれません。

目の前に御蔵島が良く見えます。
e0097770_21574377.jpg

海に下りて行きやすいように階段状になっています。
e0097770_21575955.jpg

外海側にも池がありますが、内側はもっと広い池になっていて
海が穏やかな日には小さな子供さんも遊べる場所になっています。
e0097770_21582454.jpg


長太郎池は坪田の三宅高校近くから下りていく道があります。

今回は野鳥が沢山の大路池には行く事が出来なくて残念でしたが
又次回尋ねてみたいと思います。
by shimanohikari | 2008-09-24 22:02 | 三宅島 | Comments(0)

復興後、以前と様子が変わった場所のひとつ、
伊ヶ谷(いがや)港の方に行ってみました。
伊ヶ谷は以前長く住んだ場所なのですが、最近の様子を見ていなかったので、久しぶりに行ってみました。

噴火前は磯が広かっていたのですが、今では砂浜に変わっています。
この日はあまり波も無かったのですが、三宅では珍しくサーフィンが出来る場所の一つ。
e0097770_20323520.jpg

小さな漁港だったのですが、風向きにより三池や錆ヶ浜が波で使えない時の第三の港として整備され、定期船が入港する事が時々あるそうです。
波静かな入り江なので、フィッシュウォッチング、ダイビングなどで人気の場所となっています。
地元の家族連れの人もよく泳ぎに来る場所です。

小さな漁港と書いてしまいましたが
江戸時代には港も一番栄えた場所だったようですし、その後も鰹節を作る工場もあったそうで、かつては島でも賑やかな場所だったようです。

e0097770_20325971.jpg

桟橋の先では釣り人が大勢でした。 その先に小さく見えるのは伊豆岬の灯台。
写ってないのですが、写真の右奥の方は天然の入り江と言うか湾になってます。

海まで続く坂も随分綺麗になっていましたが
途中に生島新五郎(いくしましんごろう)の墓が新しくなっていました。
以前はもっと海の間際にあったのですが、海の近くの地形が変わってしまったので新たに出来たんですね。横にある説明書きに新五郎や絵島事件の事が詳しく書かれてます。
e0097770_20342349.jpg


大奥の「絵島生島事件」は歴史的にも有名な出来事だったようですが、歌舞伎役者の生島新五郎はこの地で生涯を閉じたそうです。
e0097770_20353420.jpg

一方の絵島は信州の高遠へ流罪になったとのことです。
今では三宅島と高遠は友好関係にあり、交流があるようです。
(私も15年ぐらい前になりますが、子供達の剣道の交流で行ったことあるんですよ)
e0097770_20344197.jpg

以前は別の場所にあった大林寺も新たに建替えられていました。
e0097770_20352137.jpg


境内に入るとすぐ、竹内式部(たけのうちしきぶ)の墓がありました。
江戸中期の国学者で徳川幕府の要注意人物になってしまい 八丈島への島送りの途中、三宅島で病死とあります。
Wikipediaなどにもっと詳しく出ていますが、上手く表示できないので関心がある方は検索してみてください。
結構凄い方の様です。
e0097770_20331747.jpg


奥には新たに「鐘」も造られたそうですが、後で知り合いに聞いたらこの鐘は自動的に鳴るそうです。
e0097770_20333492.jpg

e0097770_20355142.jpg


別の場所ですが、幕末に島流しになった宗教家井上正鉄(いのうえまさかね)のお墓もあったりして、伊ヶ谷は歴史が好きな方にはとても興味深い場所だと思います。
とても坂の多い地区なので注意してください。
(良い運動にもなりそうですが)

そういえば、伊ケ谷地区はお年よりでも足腰が丈夫な方が多いです!
最初島に来た時、お世話になったおばあちゃんが、ヒョイヒョイと坂道を上って行くのでビックリしました。
それに子供達は坂道で鍛えられて、足が速い子が多かったんです!
by shimanohikari | 2008-09-24 21:04 | 三宅島 | Comments(0)

2-3日、真夏に戻ったようなお天気が続いています。
夕日を見に伊豆岬のサイクリング道路へ行ってみました。

伊豆岬の近くでジョギング中の知り合いに遭遇。
とてもお元気な様子、最近は舟を買って海の仕事も始めたとか。
島の生活を満喫している様子でした。

e0097770_21385144.jpg

刻々と色が変わっていく様子、
やはり最後まで見ていたくなります。
e0097770_2139156.jpg

太陽の右側に神津島のシルエットがあったんですけど、かなり暗くなってしまったので写りませんでした。
e0097770_21392860.jpg
e0097770_21394652.jpg

e0097770_21404043.jpg


以前は夕暮れ時も人が殆ど居なかった伊豆岬
最近は夕日を見に来たり、ジョギングやウォーキングを楽しんでいる方も増えているようでした。

彼岸花も咲いていました
by shimanohikari | 2008-09-23 21:45 | 三宅島 | Comments(0)

三宅島・明日葉の様子

三宅滞在1週間ぐらいになりました。

伊豆灯台近くの明日葉畑の様子をアップしてみます。
明日はいつも手伝っていただいている方達と一緒に作業しますが
昨日は晴れたので明日葉畑を見てきました。

HさんとIさんには、草取りや追肥など色々気配りしていただいて感謝しています。

今年植え付けの明日葉、日陰用のハンノキも大きくなっています。
e0097770_21201886.jpg
e0097770_21204096.jpg

e0097770_21195323.jpg


去年植えた明日葉は花が咲き、既に種になっているのもありました。
e0097770_21205521.jpg

明日葉の花
e0097770_2121726.jpg

種になりかけている物
e0097770_2121234.jpg

自然に乾いて種になっている明日葉もありました。
e0097770_21213985.jpg


来月からは又新芽を刈り、粉末アシタバの加工が始まる予定です。
by shimanohikari | 2008-09-23 21:31 | アシタバ | Comments(2)

三宅島滞在中、知り合いの方からTV番組の事を聞いたので、ご紹介させていただきます。

9月22日(月)から始まっていますが、2週間、三宅島を特集するそうです。
テレビ朝日の「東京サイト
月~金の13:55-13:59の4分番組です。
今週は復興編、来週が観光編だそうです。

「徹子の部屋」の後にある東京都広報の番組ですね。
是非お時間ありましたら見てください。

最近スポーツや釣り関係のイベントも増えている三宅島
三宅島観光協会のHPに色々出ていますのでチェックしてみてください。

それから
いきなり!黄金伝説」も取材中とのことです。
先日は、ブタさんが脱走したらしいとの事ですが、その後無事に保護されたらしいです♪

ちなみに黄金伝説の方は10月2日と9日放送だそうです。
by shimanohikari | 2008-09-23 07:47 | 三宅島 | Comments(2)

三宅島で自家用に作っているパッションフルーツの花、今頃も咲いています。
花の形が時計の文字盤に見えるトケイソウの中のクダモノトケイソウ。
英名ではパッションフラワー。パッションは「情熱」ではなく、雄しべの形状を十字架に見立て「キリストの受難」を表していると言う事でした。
「パッションフルーツ」のパッションって、情熱のパッションではなかったんですね。
e0097770_1972343.jpg
e0097770_1973789.jpg
e0097770_197524.jpg


未だ青い実は結構なっていますが、涼しくなってしまったので赤くなるのはいつになるでしょう。
e0097770_1983368.jpg
e0097770_1991854.jpg

今年の夏、三宅農場で生ったパッションフルーツを結構食しました。
美味しかったので来年も実って欲しいのですが・・・

この古いハウスは撤去し、新たにストロングハウスを建てる予定だそうです。(パッションフルーツの運命は?一応来年も苗を植えるそうですが、ハウスの立替が間に合うのかな?・・・)

パッションフルーツは八丈島では既に夏のお土産として定着していますが、三宅島でもこれから栽培が盛んになって、特産物の一つになっていくと思います。

Wikipediaでトケイソウについて載っていたのですが、キリストの受難(パッション)に由来する事について、詳しく載っていました。
長い文章になるので関心がある方は検索してみてくださいね。

9月23日追記
トケイソウが一層時計のような形状になっていました!
e0097770_23342327.jpg

by shimanohikari | 2008-09-22 19:17 | ユリ以外の花・植物 | Comments(4)

今回の三宅滞在中に行きたかった場所のひとつ「FOODSPOT IGAYA」(フードスポット・イガヤ)、島の北西部、伊ヶ谷地区の都道沿いにあります。
最近、三宅島応援の記事を沢山アップされている
kimcafeさんのブログにも紹介されていましたが、ランチタイムにバイキング式のレストランが始まったので、11時半のオープンにあわせてお友達と行ってみました。
e0097770_1218261.jpg

e0097770_12181559.jpg
e0097770_12184771.jpg

向かって左側がレストランの入り口
「レストラン西風」と言う名前だそうです。
e0097770_1219127.jpg


インテリアや食器もシンプルでお洒落な雰囲気。
e0097770_12195248.jpg


コーヒーも付いてお昼のセットは800円でお代わり自由。
隣の阿古地区から通ってくる人も居るそうですよ。

お味は出汁が利いて結構美味しいですし
野菜中心のメニューも身体に優しい感じ。
手前が野菜の天ぷら、その奥がポテトサラダ、全部で6品ありますよ。
e0097770_12201214.jpg

こんにゃくと厚揚げの煮物
e0097770_12204977.jpg

大根、ニンジン、キュウリなどのサラダ
e0097770_1221779.jpg

炒り豆腐
e0097770_12212045.jpg

具だくさんのヒジキの煮物
e0097770_12213329.jpg
e0097770_12214423.jpg

地元の女性たちが生き生きと働いていました。
これから色々進化していきそうで楽しみですね
知り合いの人達も多いので頑張って欲しいです!
e0097770_12203624.jpg

反対側の入り口(別の日に撮った写真)から入ってみると
コンビニ風の便利そうなお店になっていました。
e0097770_12512549.jpg

この手前には野菜コーナー、奥には冷蔵庫や冷凍庫もあり、お豆腐や飲み物、アイス類もあります。 地元の方達にとって本とに助かるお店ですね。
e0097770_1222294.jpg

岡太楼さんの牛乳せんべいと共に
当園の粉末アシタバも置いて頂いています♪
(飲み方の説明もして頂いているそうで感謝です)
e0097770_20215325.jpg


この辺りは2000年の噴火以後、チョッと寂しい感じになっていましたが、地元の青年(中年?)の方達が共同でこのお店を立ち上げたと聞いています。

伊ヶ谷は定期船も入港出来る港が出来たり、ダイビングやフィッシュウォッチング、サーフィンでも人気の場所になっているのでこれから活気が出てきそうで楽しみですね。

フードスポットイガヤのランチは11時30分~13時30分まで
水曜日はお休みです。
by shimanohikari | 2008-09-22 12:37 | お勧めのお店等 | Comments(2)

三宅島・アカコッコ館へ

台風一過の20日、せっかくなのでいつもと違う事もしてみたいと思い、
アカコッコ館へ行ってみました。

島の南側なので家からはほぼ島の反対側になります。北部の神着周りで行ってみました。途中通る場所を少しご紹介します。

三七山(昭和37年の噴火で出来た場所)
e0097770_2174897.jpg

島の東部にある、サタドー岬は磯釣りのポイント
断崖絶壁でチョッと怖いです。
e0097770_218464.jpg

三池港の向こうに御蔵島が間近に見えます。
e0097770_2185949.jpg

アカコッコ館は、島の南部、「大路池」近くにあるビジターセンター的な場所。
三宅に来たら一度行ってみると良いかと思います。
e0097770_2193429.jpg

森の中にあります。
e0097770_2194963.jpg

日本野鳥の会のレンジャーさんや地元のガイドさんが居るので気軽に色々質問できます。
e0097770_2110648.jpg

土日の午前中は、火山灰を使ったコースター作りの体験が出来るので初めてやらせて頂きました。(受付は12時半まで)
1時間ぐらいで2枚のコースターが作れます。(費用は材料費込みで1000円です)絵の描き方は思ったより簡単で、沢山あるデザインの中から選べるので、好きなコースターが作れます。
e0097770_21102767.jpg

昨日は他にやる方が居なかったのでマンツーマンで教えていただけました。 染料に火山灰を混ぜて色を付けるので、出来上がりは落ち着いた仕上がり。
最後にアイロンをかけて色を定着させて完成。
ちゃんと袋にも入れて頂けるので島のお土産になります。
e0097770_21104033.jpg


他にも色々な展示があるのですが、チョッと時間がなくなってしまいました。
望遠鏡も設置されていて、野鳥の様子を見たり出来るようになってますし、希望すれば島のビデオなども見せてもらえます。
島在住の方の絵や写真の展示もしています。

月曜日は休館日なので気をつけてください。
(祭日の場合はその翌日が休館日になるようです)

今回は大路池までは行けなかったのですが、去年の夏の大路池の様子です。

途中の場所、もう少しあります
by shimanohikari | 2008-09-21 21:25 | 三宅島 | Comments(2)