ブログトップ

百合日記

京都嵐山急ぎ足

今日も八丈島は穏やかな小春日和でした。(夕方からは雨が降ってきましたが)
今日は節分なのですが、昼間手伝いに来てくれた娘と「恵方巻き」食べたくらいです。自分で作ったわけではなく、スーパーで売っていたのでお昼に丁度良いかなと
買ってきたのでした。
豆まきは子供達が小さい頃はやったんですけど、最近はやらなくなりました。

明日は立春との事で、そういえば最近めっきり日差しも強くなってきたような気がします。
(ハウスの中が30度近くになることもありますし・・・)


先日の関西日記の続き
東京へ戻る日、夕方まで少しフリーな時間があったので、京都に寄り道

最近は旅番組が多く、以前俳優の平泉成さんご夫妻が嵐山方面を散策していたのを
ふと思い出し、駅の路線案内を見てみたら、15分ぐらいで嵐山に行けそうだったので
思い切って行ってみました。

JRの嵯峨嵐山から少し離れた場所に嵐電嵯峨という小さな駅があり
次の終点嵐山が渡月橋にも近そうだったので一駅だけ乗車。
一両だけの可愛い電車でした。
e0097770_16391671.jpg


渡月橋や、嵐山駅の近くにある天龍寺の見学、湯豆腐のお店で遅い昼食も頂けて
短い時間でしたが結構ゆったりとした時間が過ごせました。

e0097770_16394080.jpg
e0097770_16402015.jpg


嵐山を背景にした庭園
e0097770_21265394.jpg

e0097770_16404153.jpg


e0097770_16405942.jpg

写真追加
しだれ桜が有名なお寺の様です
e0097770_21274493.jpg

帰りは夕方4時ごろの新幹線で7時頃には東京へ戻る事が出来ました。

近そうで中々行かれない京都
今度は又季節や見る場所を変えてゆっくり来てみたいです

やはりお花は少なめで蝋梅、椿ぐらいでしたが
南天の赤が特に綺麗でした
e0097770_21315340.jpg


渡月橋の辺り&お昼ご飯
by shimanohikari | 2009-02-03 16:44 | | Comments(2)

車窓から眺めた雪景色

先日の日記の続きです。

金沢から京都までJR西日本の特急雷鳥(東海道本線、北陸本線、湖西線経由のL特急)
の車窓から眺めた風景

雪景色はめったに見ないので、次々に変わっていく風景が珍しく
ちゃんとは撮れないとは思ったのですが、何枚か撮ってみました

田んぼが広がっていてお米どころなんだな~と思いつつ
(確かコシヒカリが生まれたのは福井県だったと・・・
後でネットで調べたら確かに福井県で品種改良されたようです)

e0097770_21271340.jpg
e0097770_21273035.jpg
e0097770_21274741.jpg
e0097770_2128527.jpg


琵琶湖もまるで海のよう
e0097770_21283076.jpg


北陸と関西の滋賀、京都、大阪って
近くなんですね~

関西には万葉集や源氏物語の世界が身近にありそうです。
by shimanohikari | 2009-02-01 21:28 | | Comments(0)

金沢にて 2

金沢日記の続きです。
2日目の午前中はホテルの近くを散策
良い天気が続き城址公園ではジョギングしている人も
e0097770_1855194.jpg
e0097770_18553516.jpg
e0097770_18555131.jpg


e0097770_12472861.jpg

e0097770_12465010.jpg


この細長い建物は「五十間長屋」というそうです
e0097770_18561624.jpg

e0097770_18564758.jpg


武器や食料を保存する倉庫を最近復元した様で、中も見学できました。
さすがに加賀百万石、大きな建物です!
e0097770_1857894.jpg


その後お隣の兼六園へ
e0097770_1924632.jpg

e0097770_18573759.jpg


大きな雪吊りをたくさん見ましたが、はやり雪の中の方が風情がありそうです。
でもお天気が良かったので、歩きやすく助かりました。
e0097770_18575576.jpg


お花は蝋梅、椿、南天ぐらい
e0097770_1858733.jpg

e0097770_20171246.jpg
e0097770_20173783.jpg
e0097770_20181247.jpg
e0097770_20183067.jpg


この日は山の方も雪は少なそうでした
e0097770_193855100.jpg


午後の特急「雷鳥」で関西方面へ(金沢は京都からも近いのですね~)
電車以外の鉄道に乗るのも久し振りで、京都までの約2時間半位
雪景色や琵琶湖、殆ど初めての景色に見とれてました
by shimanohikari | 2009-01-31 19:12 | | Comments(4)

金沢にて 1

低気圧通過により、伊豆諸島も大荒れの天気になっています。
風は大分おさまってきていますが、船も今晩を含めて3日も欠航になりました。

文フェスの記事が未だ途中ですけど
気分を変えて先日行った金沢の様子をアップしてみました。

冬の金沢は雪景色かと思ったら、小松空港に着いた21日はとても穏やかな日で
暖かくさえ感じました。 雪も殆ど無くて、やはり暖冬なんだなと感じました。
(その後週末には寒波が来たようですが)
小松空港からバスで金沢駅へ、とてもモダンな駅でした。
賑やかなのはこの反対側の方でした。
e0097770_17514881.jpg
e0097770_175278.jpg


お寺での法事を終えて、ホテルまでの道を散策しながら戻りました
e0097770_17524213.jpg


犀川から市内を流れている川、流れも早くて、水もとても綺麗!
e0097770_1753887.jpg
e0097770_17534093.jpg


城址公園の横を通って
e0097770_1754622.jpg

殆どの木が綺麗に縛られていました (これが雪吊り?と思いながらパチリ)
e0097770_17542544.jpg

大きな石垣、
作ったのは高山右近との事だったと思います
e0097770_17544323.jpg

お堀に青サギを発見
e0097770_1755162.jpg


城址公園近くの落ち着いたホテル
e0097770_17551855.jpg


もう10年以上前になりますが、秋の金沢を訪ねた事があります。
前回は両親も一緒に行ったのですが、今回は年明けに母が怪我をしてしまい
一緒に行かれなくて残念でした。
今度又リベンジしたいです。

ホテルでの夕食(日本海の味)
by shimanohikari | 2009-01-31 18:30 | | Comments(0)

益子散歩 その3

益子の日記、3回目に突入してしまいました。

共販センターの近くにあったカフェ 「ほっと・るーむ けやき」
人気のお店の様で、昼下がり結構賑わっていました。
お店の看板メニューなのか?「クリームあんみつ」を頼んでいる方が多かったです。
e0097770_21561547.jpg


店内の様子
e0097770_2334471.jpg


私は未だお昼を食べていなかったので
パスタ、サラダ、コーヒーのセット、ミートソースにしてみたら凄いボリュームでした。
e0097770_2157488.jpg


ケーキまでサービスしてもらいました(遅くなって済みませんと)
パンプキンケーキ、とても美味しかったです♪
全てのお皿やカップ、シュガー入れなど全て益子焼で統一され
どれも素敵でお店の雰囲気に合っていました。
e0097770_21571698.jpg


こちらのお店と連携しているそうです。
モダンなデザインの食器が多く、お手頃なお値段のマグカップがあったのでお土産に。
80円の箸置きもありました。(結構良い感じのデザイン)
e0097770_21573921.jpg


此処からずっと下り坂で、両側には沢山のお店が並んでいました.
平日なのであまり人が居ませんでしたが、土日などは結構賑わう事でしょう。
e0097770_22244863.jpg


帰りはひたすら駅を目指して歩いていましたが
お饅頭屋さんがあったのでちょっと寄り道。
お饅頭は1ケ84円と言うなんとも優しいお値段。
e0097770_2158087.jpg


さらにひたすら歩いて行くとやっと駅が見えてきました。
関東の駅100選にも選ばれていると言う益子駅
e0097770_21581162.jpg


帰りの電車から丁度夕日が綺麗だったのですが
写真を撮りそびれてしまいました。
やはり獲っておけば良かったな~
下館駅に着いたのは4時半ぐらいだったと思うのですが、未だ夕焼けだったのでパチリ!
すっかり日が短くなってきました。
e0097770_2158226.jpg


↑のお饅頭屋さんで買った赤羽饅頭、程よい甘さで美味しかったです♪
餡の他に、柚子味、 芋餡もあったようです。
e0097770_21583535.jpg


長閑な秋の一日を過ごせて良かったです♪
益子焼体験とか他にも行ってみたいお店もあったのですが、又の機会に。
駅の反対側にはペンタックスのカメラ博物館もあるようです。

今日八丈島のお店で知り合いの方から「益子に行ってきたの?」
と声をかけて頂きました。
ご兄弟が益子にいらっしゃるとの事。
ブログを見てくださっているそうで、何だか嬉しかったです。
by shimanohikari | 2008-11-26 22:22 | | Comments(2)

益子散歩 その2

八丈島に戻っていますが、
益子散歩写真がまだありますので、続きを載せてみました。

長閑な風景、島では見られない紅葉も見られました。

参考館入り口辺りに秋の桜が咲いていました。
e0097770_21311550.jpg


花梨の実も、島ではあまり見られない様子
e0097770_21313891.jpg


参考館の裏手
e0097770_21315551.jpg


古い登り窯がありました。
e0097770_21321512.jpg
e0097770_21323424.jpg
e0097770_21324696.jpg
e0097770_2133350.jpg


とてもサービス精神旺盛なトンボ! 逃げずに撮らせてくれました。
e0097770_21331922.jpg


参考館を出た辺りで見た長閑な風景
e0097770_21334980.jpg


大きなお店が点々と続く道
e0097770_21344592.jpg


共販センターがあったので、結構長居をしてしまいました。
お値段もお手頃だったので、普段に使うご飯茶碗を買いました。
e0097770_2135157.jpg


外にも沢山の食器が・・・
ずっと居ても飽きない位ですが、先を急ぎます。
e0097770_2135134.jpg


もう少し続きます。
by shimanohikari | 2008-11-26 21:50 | | Comments(0)

益子散歩 その1

先週上京した時、2日ほどフリータイムがあったので、
日帰りですが未だ行った事がなかった焼き物の里、益子まで足を延ばしてみました。

寒くなるとの天気予報に反して、割と暖かい日だったので、楽しく散策する事が出来ました。
結構写真を撮ってしまったので、何回かに分けてご紹介します。


宇都宮線、小山で水戸線に乗り換え、下館で下車
下館から真岡鉄道にて益子へ
e0097770_1211892.jpg


日曜日にはSLが走るそうですが、
e0097770_1213691.jpg

平日だったので可愛い緑の電車(1両)でした。
e0097770_1215247.jpg


初めての駅だったので、
最初は資料館の「益子参考館」までタクシーで行ってみました。
e0097770_1221492.jpg


益子焼を広め第一回人間国宝に指定された濱田庄司の作品や、彼が参考にした外国製の陶磁器などが沢山展示され、工房や登り窯も見る事が出来ました。

東京生まれの濱田氏と柳宗悦、河井寛次郎、民芸運動を始めた方達の写真。
e0097770_1223268.jpg


作品の展示も沢山ありました。
e0097770_1224783.jpg


e0097770_123970.jpg
e0097770_1232212.jpg


外国から持ち帰ったと言う陶磁器も多数展示されて
e0097770_1234099.jpg
e0097770_1235942.jpg
e0097770_1241547.jpg
e0097770_12431100.jpg


工房へ向う道は丁度紅葉が綺麗でした。
e0097770_1244479.jpg
e0097770_1245756.jpg


かやぶき屋根や昔ながらの建物があり、とても落ち着いた雰囲気でした。
e0097770_1251219.jpg


工房の中も見学でき
濱田氏が生前沢山の作品をこの場所で作られていたのかと想像すると
何だか身が引き締まるような感じを覚えました。
e0097770_1252467.jpg
e0097770_1254180.jpg
e0097770_1255618.jpg
e0097770_1261285.jpg
e0097770_1262656.jpg


登り窯も2-3基見ることが出来ました。
e0097770_1263931.jpg
e0097770_127610.jpg
e0097770_1272343.jpg


長くなってしまうの又次回の日記で
by shimanohikari | 2008-11-25 01:44 | | Comments(2)

弟の3回忌、11月21日が命日ですが18日に横浜の霊園で。
今回は近場の親戚だけ集まりましたが、お天気も良く無事に済みました。

伯父さん伯母さん、いとこ達とも久々に会いましたが皆お元気そうで良かったです!
弟の息子のS君もすっかり大きくなって、家の息子達と変わらない位の身長になりました。
高校の野球部で頑張っているとのことで安心しました。

法事の後、両親と我が家の4人で横浜からも近い三浦海岸の方に行ってきました。
京浜急行に乗ったのも久しぶり。
ちょっと風が冷たかったですが、お天気にも恵まれ、翌日はみかん狩りも出来ました。

久しぶりに孫達と過ごせて両親も嬉しそうでした。

三浦海岸の朝日(主人の写真から)
e0097770_23183056.jpg


みかん狩りをした農園にて
e0097770_1421160.jpg
e0097770_1191965.jpg

by shimanohikari | 2007-11-25 01:45 | 家族・友人 | Comments(0)

先日箱根日帰りした時、ほとんど湿生花園だったのですが、
色々あったミュージアム、一つだけ見ていこう!ということで
施設めぐりバスの帰りに「星の王子様ミュージアム」へ

入り口にはシャボン玉がずっと噴出していました。
e0097770_233324.jpg


広い中庭
サン・テグジュペリが幼少時代すごしたフランスの邸宅を模しています。
e0097770_2373458.jpg


サン・テグジュペリの生い立ち(裕福で幸せだった幼少時代)、早くにパイロットになり色々な国に住み、戦時中にさまざまな経験をした事も分かりました。

子供時代の部屋やパイロット時代の部屋などが再現されていて、写真も沢山ありました。
幼い頃の心豊かな生活が、後に名作を作る土台になったようです。

星の王子さまの本は偶然できた本という事です。
亡命していたアメリカで、レストランでサン・テグジュペリがいたずら書きをしていたのを偶然見つけた出版社の社長が、何かクリスマス向けの本をという事で依頼して出来た絵本。占領下の母国フランスで苦しんでいるユダヤ人の友人にささげた本という事です。
作者が亡くなってから奇跡的に成功を収めて世界中で読まれることになったそうです。

星の王子様のお話
もう忘れかけているので、又読んでみたいと思いました。
むしろ大人の人向けの本ということなので。

第二次大戦後半、亡命していたアメリカで最後は普通よりかなり高年齢で再び志願してパイロットになり北アフリカヘ、最後はコルシカ島から偵察飛行に行ったまま戻らなかったそうです。
(かなりの行動力に驚きます!)
飛行機の操縦はあまり上手ではなかったというのも何だか人間味を感じました。

e0097770_2333866.jpg
e0097770_2343486.jpg
e0097770_235196.jpg
e0097770_2352192.jpg
e0097770_2353978.jpg


e0097770_2363381.jpg


帰りに来館記念に何か一冊と思って「星の王子さまの秘密」山崎庸一郎著という本を買い求めてみました。本に登場する人物や動物、お花の意味、もう一度知りたいなと思って。
by shimanohikari | 2007-08-21 23:07 | 神奈川散歩 | Comments(2)

箱根湿生花園No.3

沢山写真を撮りすぎて、箱根の花の3回目です。
e0097770_452640.jpg
e0097770_46994.jpg

長く止まっていたので撮ってみました。 シオカラトンボでしょうか?
e0097770_462825.jpg


ハスの花は未だ蕾でしたが、蕾も間近で見ると綺麗!
池の周りではスケッチしている方もチラホラ
e0097770_464854.jpg
e0097770_47583.jpg


これがコウホネだったかな? 
ずーッと昔に尾瀬で見たことがあったのですが。
e0097770_472489.jpg

e0097770_474898.jpg

e0097770_4852.jpg


静かな水辺の景色
e0097770_482878.jpg


この水路の先は芦ノ湖? 水があると何だかホッとします。
e0097770_491652.jpg


コオニユリ、トラノオが見ごろでした。
e0097770_493383.jpg


シシウド、葉はアシタバに良く似ていましたが
茎の色はちょっと赤っぽいです。
e0097770_4951100.jpg


カワラナデシコのピンクが綺麗!
e0097770_4101180.jpg


ヒツジグサ、可愛い睡蓮みたいで、涼しげです。
e0097770_410307.jpg


この辺りの風景が元の景色に近いのでしょうか。
説明を読んでみると、以前は農地だった所を自然の状態に復元しているとも書いてありました。
e0097770_4111095.jpg
e0097770_411302.jpg
e0097770_4114975.jpg
e0097770_412472.jpg


箱根の木「サンショウバラ」と書いてあったと思うのですが・・・
サンショウに似ていましたが、香りはありませんでした。面白い形。
e0097770_4122212.jpg
e0097770_4123836.jpg

出口の近くで食虫植物の展示をしていました。
e0097770_4125485.jpg


おまけ、
この日は涼しかったので2時間ぐらい散策して、 園の入り口にあるカフェで休憩、帰りは又「施設めぐりバス」で強羅までもどりました。
e0097770_4141679.jpg



箱根湿生花園の記事はこれで終了です。
又違う季節にも来てみたい場所でした。
by shimanohikari | 2007-08-15 04:40 | | Comments(2)