<< 秋の気配 (オミナエシとチョウ) 島の夏休み 3 (長男達と一緒... >>

島トウのタレ作り

今年の夏、7-8月は例年になく晴天続き、暑さも半端じゃなかったです。
夏の前半、天気が悪くて成長が遅れていた島トウガラシも大分採れる様になってきました。
e0097770_10471751.jpg
e0097770_10472876.jpg
e0097770_10474197.jpg


島トウを使ったお料理、
やはりタレを作るのが一番良いのでは?と思い、島で売っている商品を参考に作ってみました。
e0097770_10451632.jpg


野菜炒めや、麺類の味付けなど島トウのピリッとした風味が暑い夏にピッタリですよ。
e0097770_10453270.jpg


長く保存する場合は熱を加えた方が良いのでしょうが、2-3回で使い切るぐらいを作ればそのつど風味も良くて良いのでは?と思います。
是非お好みの味で家庭で手作りしてみてはいかがでしょうか
e0097770_111152.jpg


島トウ醤油の材料
ショウガ、ニンニクのすりおろした物、各1かけ分
醤油 100~200cc(1週間位で使い切る量)
味噌 大匙1杯
島トウ 3本くらいを刻んだ物
以上の材料を混ぜるだけです。
島トウ 5本ぐらいに切り込みを入れて、
そのままできたタレに入れておく。
(材料はお好みにより量を調節してください)

島トウの種も入れてしまうので、結構辛いです。
激辛が苦手な人は種を取って入れたほうが良いかもしれません。

刺身醤油や焼肉のタレとして
オリーブオイル、ごま油、酢等を加えてお好みのドレッシングにもどうぞ。

他にもオリーブオイルや酢の中に何本か入れて置くだけで
風味のある調味料になります。

有名な沖縄のコーレーグースも島唐を泡盛に漬けたものですので
手作りで作ってみてはいかがでしょう。

島のお土産やさんでは島トウを使った色々な商品も売っているので
時には味見してみるのも良さそうです。
e0097770_1046154.jpg
e0097770_10462331.jpg


こちらは三根地区のお土産やさん、「民芸あき」本店です。
e0097770_11233068.jpg


島トウの味噌も後で作ってみますね。

島トウガラシのご注文はこちらから受け付けています。

収穫はこれから10月ぐらいまでですので、是非爽やかな島トウの辛さを試してみてください。
冷凍保存すれば1年位風味が変わらず、色々なお料理に使えて便利ですよ。



島の夏、今年は特に晴天続きで、既に色々な野菜は早めに終わってしまったものも多い中、唯一元気なのがゴーヤ。
今年は1本しか植えなかったのに、地這えやハウスのパイプ伝いに延びて、100個ぐらいは生ったのではないでしょうか?

e0097770_10465114.jpg
e0097770_1047213.jpg


レパートリーが少ないので、ゴーヤチャンプルー、キンピラ、塩もみしてサラダなど位ですが、毎日のように食べています。

お盆前頃の収穫物。 トマトやナスは既に終了。
e0097770_11433427.jpg


ユリのハウスの開いている場所に作っていたのですが、秋の植え付け準備があるので、昨日全部取ってしまいました。
さすがに南国育ちの野菜なので、厳しい暑さもなんのそので育っていましたが、又来年のお楽しみに♪
by shimanohikari | 2008-08-21 11:13 | 野菜・ハーブ
<< 秋の気配 (オミナエシとチョウ) 島の夏休み 3 (長男達と一緒... >>